T O P > スポンサー広告 > スポンサーサイト D I A R Y > 「やまのこ」展が無事終了いたしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

「やまのこ」展が無事終了いたしました

7/16[日]に、ヨロコビto Galleryにて開催しておりました
「やまのこ」展が無事終了いたしました。
足をお運びくださった皆さま、気にかけてくださったみなさま
誠にありがとうございました。

連日暑く、不安定な天気の中、みなさまの貴重なお時間を「やまのこ」たちに
少しでも触れていただく機会として頂けて、大変うれしく恐縮でした。

山や、やまのこたちを描きたいと思うのは、富士山が大きく見える場所や、富士山
だけではなく、田舎で自然溢れる富士山以外の山もぽこぽこある場所で育ったという、
原風景からだとも感じています。
お客さまとお話しさせていただいた際、みなさまのそれぞれの故郷の山を
思い出して、それを微笑まれながら話してくださったのがうれしかったです。

今回の個展ではふくろうも多く登場しましたが、自然の隙間からそっとこちらを見つめる
様子や、ふくろう自身の模様、動きもとても魅力的で、静かな存在感は描いても描いても
いつも新鮮な気持ちにさせてくれます。

獅子舞ならぬ〇〇舞さんシリーズも、最初は獅子舞の獅子が他のいきものだったら
おもしろそうだな、から始まりましたが、自然との関わりの中で生まれる憧れや寂しさを、
自然と一体化はできなくても、擬態して少しでも自然の一部になろうとするにんげんの様子の
一つなのかもしれないと感じています。
この動物ならこんな衣で、足をしているなと考えるのが楽しいです。

この度の個展を通して改めて強く感じていることは、自分の描いた作品が、
自分以外の方の目に触れることに対する不安の中にある喜びを大事にしたい、
ということです。
なかなか自分の作品や考えをことばで伝えるのは難しいですが、それを真っすぐに
聞いてくださる方がいらっしゃるのはとても救われた気持ちにさせていただけます。

ヨロコビtoギャラリーさまでの「やまのこ」展により得ることのできた、貴重な時間や経験を
糧に、これからも精進して参ります。
本当にありがとうございました!

koten2017_4.jpg
山たち。季節や天気を意識しながら描きました。

koten2017_3*
B1サイズのふくろうのドローイングの作品2点は、2つを合わせて1本の大きな木に見えるように展示しました。

koten2017_5.jpg

koten2017_7.jpg
見えづらいですが、蜘蛛舞さんの右下にある電気のスイッチの上のキャプションの上に、偶然本物の
蜘蛛がいました。

koten2017_8.jpg
「たんぽぽ」の作品の近くまで移動してきました。
虫は苦手ですが、こういう偶然の訪問はうれしかったです。
でもひとり夜自宅にいる際に突然現れたら、小さな悲鳴と冷汗が出てくると思います。


koten2017_6.jpg
頂いた黄色いお花たち。元気が出ました。

個展は終了しましたが、8/6[日]までギャラリー奥のカフェスペースでの展示が始まります。
作品は個展で展示した作品を数点セレクトして展示しております。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
2017-07-20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。